ボーンアルティメイタム 動画フルを無料で見るには?吹き替え&日本語字幕

bourne-ultimatum

ボーンシリーズの3作目、最終章。

ボーンアルティメイタムはかなり面白いですねー。飛行機で何回も見ました笑

でも、まだ見ていないという人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ボーンアルティメイタム映画の動画フル(吹き替え&日本語字幕)を無料で見る方法をお伝えしていきますね!

 

『ボーンアルティメイタム』動画のあらすじ

モスクワ・パリ・ロンドン・マドリッド…ボーンの過去を取り戻す旅の結末?? ・ ・ ・ 全ての黒幕は?そして、ボーンの正体とは? ・ ・ 大ヒットスパイアクションのシリーズ3弾(2007年・アメリカ) ・ ・ 記憶を失った元CIA謀報員が、自らの過去を取り戻すため世界中を駆け巡り、目の前に降りかかる危機を次々と乗り越え、遂にジェイソン・ボーンの過去が明らかとなる。 ・ ・ 主演は『オデッセイ』のマットデイモン ・ ・ 呼吸する間さえ、忘れてしまうノンストップのアクションに?????????? ・ #ボーンアルティメイタム #マットデイモン

Takaさん(@ta1020ka)がシェアした投稿 –

マット・デイモン主演のボーンシリーズ第3作目『ボーンアルティメイタム』。自らの失った記憶を探し求めて元CIA暗殺者ジェイソン・ボーンの活躍を描いた作品です。

今回の作品でいよいよ自分の忌まわしい過去が明らかになっていきます。モスクワ、ロンドン、マドリッド、タンジール、そしてニューヨークが舞台です。

 

モスクワで過去の記憶が頭をかすめながら、警官隊から逃れるジェイソン・ボーン(マット・デイモン)のシーンから始まります。

シーンはモスクワからフランスに舞台を移します。数ヵ月後、ボーンは元恋人マリーの兄を訪ねます。自分のせいでマリーを死なせてしまったと兄に告げます。

その頃、ロンドンで新聞記者ロス(バディ・コンシダイン)はCIAマドリッド支局長からCIAの暗殺計画「トレッド・ストーン計画」「ブラック・ブライアー計画」と暗殺者ジェイソン・ボーンの取材を行っていました。ボーンは新聞記者ロスのCIA暗殺計画と自分自身の記事を読み、ロスと接触をはかりました。

新聞記者ロスの行動をCIA副長官ノア・ボーゼン(デーヴィット・ストラザーン)は監視していました。ボーンはCIAがロスを監視しているのに気づき、CIAをかわしながら、ロスに会います。しかし、ボーゼンの送った暗殺者により新聞記者ロスは射殺されます。倒れたロスの荷物からメモを見つけます。

CIAマドリッド支局長から自分の情報を得ていたことがわかります。

 

副長官ボーゼンはボーンの事件に以前関わっていたCIA指揮官パメラ・ランディ(ジョアン・アレン)を自分のチームに加えます。マドリッド支局に着いたボーンは、かつて自分の過去と関わっていたCIA職員ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)と再会します。

ニッキーは支局長がタンジールに向ったとボーンに告げます。

ボーゼンはマドリッド支局へCIA職員を向わせます。CIAの追っ手の追撃をかわし、ボーンはニッキーと行動を共にし、タンジールに向います。

 

タンジールに舞台はうつり、マドリッド支局長の行方を追うボーンとニッキー。

副長官ボーゼンは暗殺者を送り、マドリッド支局長、ニッキー、そしてボーンの暗殺を命じます。支局長は暗殺者の爆弾で死亡、ボーンは暗殺者の襲撃を撃退します。ニッキーに危険がおよんでいると感じたボーンは、ニッキーを逃げさせます。
ボーンは、支局長の荷物からCIAのニューヨークの住所を手に入れます。最終決戦の地、ニューヨークへ向います。

 

CIA指揮官パメラはボーンの行動には意味があると思います。ボーンとコンタクトをとり、ニューヨークのCIA研究所の住所を告げます。

ボーンは副長官ボーゼンの部屋からCIAが行った暗殺計画の内部資料を盗み、指揮官パメラに手渡しします。CIAの行ってきたことを暴露してくれと頼みます。

CIAからの暗殺者の襲撃をかわしながら、研究所へ向うボーン。研究所の部屋の前には暗殺者養成の責任者アルバート・ハーシュ(アルバート・フィニー)と再会します。

自分が暗殺者ジェイソン・ボーンになった過去を博士が話します。記憶が戻ったボーンは、再びCIAの攻撃をかわしビルの屋上へ向います。

追いついた副長官ボーゼンがボーンに一発の銃弾をはなちます。銃弾の音とともに真下の川に落ちていくボーン。

 

数日後、指揮官パメラは公聴会でCIAの暗殺計画を告発していました。テレビではCIA副長官ボーゼン、博士が拘束されたとニュースで流れています。

そしてジェイソン・ボーンが銃弾をあびて川に落ちたものの、遺体が見つかっていないと流れます。
そのニュースをみて一人レストランで微笑んでいるニッキーがいました。

 

『ボーンアルティメイタム』 動画をdailymotionで見られる?

海外の動画サイトに「dailymotion」というサイトがあるのは知っているかと思います。

実は、このサイトでは、違法にアップロードされた動画が多数存在しているのはご存知でしょうか?

ボーンアルティメイタムの動画も著作権を無視してアップロードされている可能性が高いですし、アップロードされた動画はすぐに削除されてしまうため、見ることができません。

そもそも著作権を無視してアップロードされた動画を視聴すること自体、違法ですので、辞めるようにしましょう。

さらには、海外サイトということで、ウイルスに感染してしまったという事例もあるようです。

こういった著作権の問題やウイルスなど問題が多いので、dailymotionを使うのは止めましょう。

そこで、『ボーンアルティメイタム』の動画を安全に見たいという方にオススメできる、著作権の許可を取っており、ウイルス感染の心配のない安全なサイトがあります!

それが、「U-NEXT」です。

この「U-NEXT」であれば、『ボーンアルティメイタム』の動画フルを無料で見る事ができます!

 

ボーンアルティメイタムの動画フル(吹き替え&日本語字幕)を無料で見る方法!

ボーンアルティメイタムの動画フル(吹き替え&日本語字幕)を無料で見るならU-NEXT!!

U-NEXTは運営会社が東証一部上場企業のため、安心できる動画配信サービスです。

しかも、今なら31日間無料トライアルキャンペーン中です!

31日間もあれば、ボーンアルティメイタム以外の海外映画も見放題ですよ♪

>>31日間トライアルで見る!
unext_hasimoto

 

実際に31日間の無料期間中に解約してみたのですが、お金は1円もかかりませんでした。

海外の映画だけでなく、海外ドラマ、国内のドラマ・映画、アニメなどなど全て見放題でした!

今は31日間無料トライアルを行っていますが、いつ終了するかわからないので、この機会に無料で登録しておきましょう♪

ちなみに、U-NEXTでは『ワイルド・スピードシリーズ』、『ハリーポッターシリーズ』、『ジェイソン・ボーンシリーズ』など人気の作品も見放題なので、チェックしてみてくださいね!

最近、動画を無料で見ることができる海外サイトが多く存在していますが、ほとんどが著作権を無視した違法サイトです。

違法アップロードされた動画を見た人も責任を問われることがありますので、日本の安全なサイトで視聴しましょう!

>>U-NEXTはこちら!

 

『ボーンアルティメイタム』映画の動画以外にU-NEXTで見られる動画はなに?

他のボーン・シリーズも見ることができます!

ボーン・アイデンティティー

記憶を失った男が過去を求めて危険な旅を始める「ジェイソン・ボーン」シリーズ第1章

 

ボーン・スプレマシー

最強のエージェントの記憶を求めた新たな戦い。「ジェイソン・ボーン」シリーズ第2章

 

ジェイソン・ボーン

CIA内部の巨大な“闇”にボーンが挑む!マット・デイモン復活のシリーズ第4弾

 

ボーン・レガシー

ジェイソン・ボーンの死闘の裏で動いていた、もうひとつの陰謀を描くアクション

 

『ボーンアルティメイタム』動画の見どころ

ボーンシリーズ最高傑作だと思います。

ニューヨークでのカーチェイスとアクションは本当にみごたえあります。

見ていると、息をするのを忘れるぐらいアクションのスピード感がすごいんです。

前作同様、監督はポール・グリーングラスです。前作以上のカメラワークだと思います。

とにかくカメラが手振れですから揺れ揺れのカメラワークです。

映像を見ていると、自分も揺れている感じです。

揺れ揺れカメラワークだからこそ映像に引き込まれるのではないでしょうか。

他のアクション映画にはないカメラワークです。

このカメラワークがアクションとカーチェイスシーンを盛り上げてくれています。

音楽もいいんです。Mobyの音楽が映像と孤独なジェイソン・ボーンとびったりマッチしています。

主演のマット・デイモンの演技も魅了されますが、周りの女優さん、俳優さんの演技も渋くて味が出ているんです。

パメラ役のジョアン・アレンズとニッキー役のジュリア・スタイルズがクールな女性を演じてくれます。かっこいいの一言の映画です。

 

『ボーンアルティメイタム』動画の感想は?

ボーンアルティメイタム、かなり評判が良いです!

たったの3分で簡単に登録できますし、過去作もみれちゃうのでぜひぜひお試しあれ♪

>>31日間トライアルで見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です